これからの糖尿病治療薬を使いこなすために~イメグリミンのメカニズムと期待されること~

以下ボタンより、各種カレンダーに予定をご登録いただけます。
※外部サイト(各サイトのカレンダー)に接続します。

【演者】豊田雅夫先生(東海大学医学部内科学系 腎内分泌代謝内科学 准教授)

2型糖尿病は遺伝的素因によるインスリン分泌能の低下に加え、生活習慣の悪化に伴ってインスリン抵抗性が増大することで、インスリンが相対的に不足することによって発症します。特に、日本人の2型糖尿病患者は欧米人に比べ、インスリン分泌能の低下が大きく影響を与えていると言われています。
現在、本邦では多くの糖尿病治療薬が上市されており、それらの薬剤をもって患者個々人に合わせた個別化医療を提供しています。イメグリミン塩酸塩はミトコンドリアを介した作用が想定されており、「血糖依存的なインスリン分泌促進作用」と「肝糖新生の抑制・骨格筋での糖の取り込み能改善作用」を併せ持ち、様々なシチュエーションの患者に投与できる薬剤です。
一方で、作用機序が複雑で理解が難しい側面と、その汎用性の高さから好適症例や併用薬を決めにくい側面があることも事実です。今回は、このイメグリミン塩酸塩の作用機序をできる限り分かりやすくお伝えし、私が考える好適症例像を共有したいと思います。


配信情報

  • 追っかけ再生対応
  • 録画配信非対応
※ 視聴予約、視聴には会員登録及びログインが必要となります

ライブ配信講演会関連のお役立ち情報